これまでの演劇祭‎ > ‎2012‎ > ‎

舞台照明講座2012

※終了しました

北とぴあ演劇祭 舞台照明講座 2012
舞台のあかりのヒ・ミ・ツ
10/2日(火)10/3(水)19:00~21:00 全2回
北とぴあ つつじホール

■ 参加費 2000円(高校生以下 1000円) ※2回分の料金です  
■ 定 員 100名  *専門知識のない方でもご参加いただけます
■ チケット取扱い
・北とぴあ一階チケット売り場(10:00~19:00/窓口のみ)
《こちらの申込みフォームでチケットの取り置きができます》←インターネット申込は終了しました

「舞台のあかりのヒ・ミ・ツ」とは・・・
明かりがないとなにもみえない、けれどなにもないと明かりもみえない、
濃い色もまぜればまぜるほど、白くなる、
そんな光の不思議をあやつる舞台照明の「魔術」のたねあかし。
照明家の岩城保さんが、「舞台照明の魅力」について実演をまじえて、お話します。
長年「演劇の照明」にたずさわってこられた岩城さんの考える「照明とは」、「演劇とは」、「劇場とは」
演劇を「みる」「でる」「つくる」楽しみが広がり、深まる講座です。

岩城 保

舞台照明家、システムエンジニア。
青年団/アゴラ劇場所属。
1964年生まれ、神奈川県出身。国際基督教大学在学中に学生団体「照明委員会」に所属、舞台照明の世界に出会う。1985年、当時まだ学生劇団だった「青年団」に照明スタッフとして参加。1990年以降は青年団の全ての本公演の照明プランを担当。国内公演はもとよりアジア・オーストラリア・北米・ヨーロッパ各国などの海外公演にも数多く参加。青年団以外では、高山広、関美能留、多田淳之介、西村和宏、などの演出作品の照明をてがける。また、キラリ☆ふじみ「舞台技術講座」講師をはじめ、技術指導、照明家の育成もおこなっている。
現在、埼玉県立芸術総合高校の講師、四国学院大学非常勤講師
 http://www.letre.co.jp/~iwaki/