大衆演劇ワークショップ受講者募集


大衆演劇の魅力に迫る!毎年好評の大衆演劇ワークショップは、
大衆演劇集団「響ファミリー」座長の響彬斗が講師となり、
一夜限りのオリジナルショーに向けて、踊りをマスターします!
実演を交えたレクチャー、所作や舞踊の稽古、さらには大衆演劇のメイクまで体験できる
盛り沢山な内容です。

大衆演劇ファンの方はもちろん、未経験の方、大歓迎!
アナタも期間限定、オリジナル大衆演劇一座の一員になってみませんか?

【講師】響 彬斗(響ファミリー座長)

【日時・会場】
<稽古> 
 2017年 
 9月20日(水)、9月26日(火)、10月2日(月)
 19:00~21:00
 北とぴあ ペガサスホールリハーサル室
<お披露目公演>
 10月7日(土) 15:00
 北とぴあ ペガサスホール

 【内容】 ※予定
 ・大衆演劇が10倍楽しめる基礎知識
 ・講師のお話
 ・講師による踊りを披露
 ・女形の身のこなし、男役の身のこなし
 ・流し目、舞の華麗な扇の使い方について
 化粧とかつら(参加者から2名体験)
 ・踊りの稽古
 ・リハーサル
 ・お披露目公演 舞踊ショー 他

 【定員】30名 ※中学生以上。先着順。定員に達し次第締切。
 【参加費】4,000円  ※他、足袋、扇等の実費負担あり。

 【申込開始】2017年8月16日(水)10:00
 【申込方法】
 ◎北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ/10:00~20:00)
 ◎電話申込:(公財)北区文化振興財団 03-5390-1221(9:00~17:00/平日のみ)

響 彬斗 ひびき あきと(響ファミリー座長)
北海道旭川出身。2歳時に家族全員でブラジルに移住、ブラジルで高校まで通う。
学校に通いながら色々と習い事をし、日本語学校や茶道、花道、空手、剣道、日本舞踊、
等を学ぶ。18歳で単身日本に戻り、太鼓の師匠・丹下セツ子先生に師事、大衆演劇の
道を歩む。 その後、宮本亜門氏・沢竜二氏に学び、2005年「響ファミリー」を結成。
老人ホームなどで慰問活動を開始する。現在、日本全国で活動中。