老いと演劇のワークショップ 参加者募集


ーぼけたわたしを演じることは、わたしの人生と向き合うことー

演劇体験を通じて楽しみながら認知症の人とのコミュニケーションを考えるワークショップです。
演劇・介護経験は不問。

※台風の影響により中止となりました※
【日時・会場】
2019年10月13日(日)  13:00~16:30  
北とぴあ 14階 カナリアホール

 【プログラム内容】
 ・老いと遊び  ~老いを受け入れるヒントは”遊び”にある~
 ・認知症ケアと演技  ~ぼけを”演技”で自然に受け止めよう~
 ・老いを演じる  ~介護現場で「その人らしい生活」を”演出”しよう~
 
 【定員】25名 ※未就学児不可
 【参加費】一般3,000円 /北区民2,000円

 【申込開始】2019年8月15日(木)10:00
 【申込方法】
 ◎北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ/10:00~20:00)
 ◎電話申込:(公財)北区文化振興財団 03-5390-1221(9:00~17:00/平日のみ)
 ◎インターネット申し込みはこちら 

【講師】
菅原 直樹(俳優、介護福祉士)
1983年栃木県宇都宮生まれ。桜美林大学文学部総合文化学科卒。
劇作家、演出家、俳優、介護福祉士。
「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。平田オリザが主宰する青年団に俳優として所属。
小劇場を中心に、前田司郎、松井周、多田淳之介、柴幸男、神里雄大の作品などに出演する。
2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。
2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。
認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。
平成30年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞(芸術振興部門)を受賞。
(撮影:草加和輝)